MENU

男性のお客様へ|結婚指輪/婚約指輪のVENUS TEARS

男性のお客様へFOR MEN

男性が婚約指輪を選ぶなら

婚約指輪の選び方

一生に一度の大切な贈り物である婚約指輪。愛する女性に喜んで頂けるよう、リング選びで色々とお悩みの方も多いかと思います。

Venus Tearsではそんな男性を応援させて頂きます。ここでは男性に見て頂きたい婚約リング選びにおけるポイントをご紹介致します。

婚約指輪とは

人気の婚約指輪

結婚指輪は夫婦の誓い、婚約指輪は愛の誓いと呼ばれます。愛の誓いには「男女が将来における結婚の約束をすること」という意味が込められております。

男性から女性へ、「これから一生、あなたを大事にしていく」という気持ちを形に表したものがエンゲージリングであり、そんな男性の想いがこもった指輪をはめることで、女性は結婚への心構えをしていきます。

この清らかでロマンチックな瞬間は、お二人にとって一生の思い出となります

ご予算について

一般的に婚約指輪の予算は20万円から50万円と言われております。お選び頂く地金素材、またはダイヤモンドの質などにより価格が異なってきますが、当店では10万円台から婚約指輪をご用意しております。

また、豊富なダイヤ量を確保しておりますので、とことん選びたい方にもご満足頂けるかと思います。お客様のご希望に応じて素敵なリングをご提案させて頂きます。

ご購入のタイミング

婚約指輪はオーダーでの完全新品の取り扱いとなる為、作成にお時間を頂きます。ですので、余裕をもって1.5ヶ月から2ヶ月前にはご購入される事をお勧め致します。

商品によっては短期間で作成することも可能ですが、繁盛期は作成工場も込み合う場合がございます。お急ぎの際は一度ご相談ください。

婚約指輪をお選び頂く流れ

STEP 1 リングのデザインを選ぶ

色々なデザインがあり、どれを選べば良いかお悩みの方も多いかと思います。ここでは婚約指輪におけるデザイン選びのポイントをご紹介します。

― 代表的な3つのデザイン ―
  • ストレート婚約指輪

    ストレートデザイン

  • V字婚約指輪

    V字デザイン

  • S字婚約指輪

    S字デザイン

この三種が代表的なデザインとなり、ストレート、V字、S字と分類されます。それぞれ身につけた際の印象が繊細に変化しますが、VENUS TEARSでは担当スタッフがそれぞれの特徴を細かくご説明させて頂きます。

― 特殊デザイン ―
  • エタニティ婚約指輪

    エタニティデザイン

  • サイドストーン婚約指輪

    サイドストーンデザイン

  • ゴージャス婚約指輪

    ゴージャスデザイン

ストレート、V字、S字といったリングの形以外に、ダイヤモンドの留め方もリングの個性となります。同じサイズのダイヤを並べた「永遠の愛」を表現するエタニティデザインや、中央のダイヤを際立たせる為に周りに小さなダイヤを並べたサイドストーンデザイン、贅沢にダイヤを使用したゴージャスデザインなどがございます。

スタッフおすすめRANKING

「ヴィーナスティアーズにしかない」をキーワードに、コストパフォーマンスやデザインに優れた商品をセレクトしました。

  • No.1おすすめ婚約指輪1位

    SAL1-02

    PT900 / 0.2ct

    シンプルでエンゲージリングの定番デザイン。高品質なのに10万円で購入可能

  • No.2おすすめ婚約指輪2位

    P521-03

    PT900 / 0.3ct

    両サイドのダイヤがめずらしいセッティング。女性らしい、上品なデザイン

  • No.3おすすめ婚約指輪3位

    P5094-03

    PT900/0.3ct

    どこにもない個性的なデザイン。ファッションリングの感覚でおつけいただける。

  • No.4おすすめ婚約指輪4位

    ER P424-03

    PT900 / 0.3ct

    シンプルですが両サイドに2石ずつ付いた大ぶりのダイヤがおしゃれ。あきが来ないデザインに少し大きい0.3ctがきわだちます。

  • No.5おすすめ婚約指輪5位

    ER P462-05

    PT900 / 0.5ct

    お指にダイヤだけがくっついているかの様に輝きます。両サイドの4石の少々大きめのダイヤが中央の0.5ctダイヤを引き立てます。

STEP 2 ダイヤモンド選び

ダイヤモンドは「4C」と呼ばれる基準を目安に選んでいきます。カット、カラー、クラリティ、カットの4つとなります。それぞれご予算に応じて大事な部分を選んでいきましょう。

Caratカラット重量

ダイヤモンドの重量の量り方と意義
メートル法のカラットは200ミリグラム(0.2グラム)で、カラットの百分の一を「ポイント」と言います。1カラット以下のダイヤモンドについては、重量をポイントとして言い表すことがあります。例えば0.25カラットのダイヤモンド重量を25ポイントとも言います。一方、1カラット以上のダイヤモンドについては、例えば「1.05カラット」などのように、小数点付きのカラットとして良い表します。ダイヤモンドは大きいほど希少価値があり、原則として、ダイヤモンドの価格はダイヤモンドの重量に比例して定まります。一方、カラットの重量が同じ2個のダイヤモンドでも、「4C」のほかの3つの「C」であるクラリティ、カラー、カットによって、価値(価格)が大きく異なることもあります。

1.0カラットは0.2グラム。大きなダイヤモンドほど強い輝きを放ちます。

カラット重量とは

Colorカラー

宝石質のダイヤモンドのカラー等級は、通常は無色の度合いに基づいて判定します。
化学的に純粋で、構造的に完璧なダイヤモンドは無色で、より高い価値を持ちます。GIAのカラー格付けは、照明などの規定の条件のもと、各カラー等級の色見本と見比べることにより無色の度合いを正確に測ります。ダイヤモンド毎の色彩の違いは、素人目では判別できないほど微妙な差異である場合もありますが、その微妙な差異が、ダイヤモンドの品質ひいては価格を大きく左右します。GIAのカラー格付けシステムは、ダイヤモンドの色を判定するために、世界の宝石業界で最も広く採用されているシステムです。

Diamondの頭文字「D」が最高の透明度。等級が下がるほど、黄色味を増していきます。

ダイヤモンドのカラーとは

Clarityクラリティ

天然ダイヤモンドは、地球の深部で炭素が高温と高圧にさらされることによって生まれます。その過程で内包物や表面の傷などの特徴が発生します。
ダイヤモンドのクラリティは、内包物と傷の数や大きさ、形状、性質、位置を確認し、ダイヤモンドの外観への影響を考慮して判定します。完全に純粋なダイヤモンドは現存しませんが、その状態に近いほど価値は高くなります。 内包物や傷によっては、熟練の鑑定士にしか見つけることができない繊細なものもあります。例えば素人が肉眼で見るかぎりでは、クラリティ等級の「VS1」と「SI2」のダイヤモンドは同じように見えるかもしれませんが、品質は大きく異なります。だからこそ、専門家によるクラリティの正確な判定が非常に重要になります。

GIAのクラリティ格付けは大きく6段階に分類されます。段階によっては更に複数の等級に分かれ、合わせて11等級あります。

FLAWLESS(FL)無傷
熟練の鑑定士が10倍の拡大率の拡大鏡で観察しても、内包物や傷は認められません。

INTERNALLY FLAWLESS(IF)内部無傷
熟練の鑑定士が10倍の拡大率の拡大鏡で観察しても、内包物は認められず、表面に深さのない傷が認められます。

VERY,VERY SLIGHTLY INCLUDED(VVS1、VVS2)非常に微細な内包物あり
熟練の鑑定士が10倍の拡大率の拡大鏡で観察し、発見が非常に困難、またはかなり困難な非常に微細な内包物が認められます。

VERY SLIGHTLY INCLUDED(VS1、VS2)微細な内包物あり
熟練の鑑定士が10倍の拡大率の拡大鏡で観察し、発見が困難、またはやや容易な微細な内包物が認められます。

SLIGHTLY INCLUDED(SI1、SI2)小さな内包物あり
熟練の鑑定士が10倍の拡大率の拡大鏡で観察し、発見が容易または非常に容易な内包物が認められます。

INCLUDED(I1、I2、I3)目立つ内包物あり
熟練の鑑定士が10倍の拡大率の拡大鏡で観察し、透明度や輝きに悪影響を及ぼすほど、顕著な内包物が認められます。

ダイヤモンドは自然が作り出したものですから、不純物が含まれてしまいます。不純物が限りなく少ない「Flawless」から順にランク分けされていきます。

ダイヤモンドのクラリティとは

Cutカット

ダイヤモンドは光透過性やきらめきのために珍重されます。
ダイヤモンドの美しさと価値は、カットの良さによって大きく左右されます。「4C」の中でも、カットの判定が最も複雑で技術的に難しいと言われます。 標準的にラウンドブリリアントカットのダイヤモンドのカットに関しては、GIAの格付けは7つの指標によって等級が判定されます。そのうち、「ブライトネス(白光色)」、「ファイアー(虹色)」、「シンチレーション(きらめき)」、の3つは、真上から見た時の総合的な美しさを評価する指標です。残り4つの「ポリッシュ(研磨)」、「シンメトリー(対称性)」、「ウェイトレイショー(重量比)」、「デュラビリティ(耐久性)」は、デザインと仕上げの技巧を評価する指標です。

ブライトネス・・・ダイヤモンドから反射される白色の光量を指します。

ファイアー・・・ダイヤモンドの白色光が分光された全ての虹色を指します。

シンチレーション・・・ダイヤモンドの煌めきと内部反射によってできる明暗模様を指します。

ダイヤモンドのデザインと仕上げの技巧は、直径対重量で測る重量比、耐久性を左右するガードル(ダイヤモンドの最も幅の広い部分の縁)の厚み、ファセット(彫面)の配置、各ファセットの磨きによって判定します。

良いカットほど反射効率が高く、強く輝きます。理想的なプロポーションのダイヤモンドには天使の矢とハートのシルエットが浮かび上がります。

ダイヤモンドのカットとは

男性応援キャンペーン

ただいま婚約指輪をご購入頂いたお客様に素敵なキャンペーンをご用意しております。婚約指輪をお渡しする際に一緒にプレゼントできる特典サービスや、結婚指輪ご購入の際に値引きが可能となるクーポン券など、魅力的なサービスを是非ご利用ください。

特典サービス

当店オリジナル特典プレゼント

特典サービス

魅力的な当店オリジナル特典をご用意しております。大好評の絵師による似顔絵、おしゃれなリングピロー、デザインの可愛いジュエリーボックスをご成約頂いたお客様へプレゼントしております。

※店舗により特典のラインナップに変更がございます。

お得なクーポンサービス

クーポンでお得にお買い物

お得なクーポンサービス

ご成約頂いたお客様へ最大で8万円分のクーポン券をプレゼントしております。こちらは結婚指輪をご購入頂く際に使用できます。 婚約指輪、結婚指輪をセットでご購入頂く際は大変お得となりますので是非ご利用ください。

※店舗によりクーポンのサービス内容に変更がございます。

婚約指輪選びにおける用語集

ストレートデザイン 複雑なデザインを施さないシンプルなデザインのものを言います。
V字デザイン 指の付け根に向かいV字となるデザインのものを言います。
S字デザイン ダイヤを置く土台部分が、S字のようにくねっているデザインのものをS字ウェーブと言います。
エタニティデザイン 同じサイズのダイヤを並べたデザイン。指を一周するフルエタニティと、半周分のハーフエタニティがあります。
爪留め ダイヤを置く台座に付いた爪によって石を留める方法です。
立て爪(ソリティア) 中央にダイアモンドが1個だけとめられたリングを立て爪(ソリティア)と言います。
プラチナ 白金と呼ばれ、融点が1769℃と極めて高い貴金属となります。比重も重い為、丈夫なリングを作成できます。
ホワイトゴールド 割り金により色を白くした金合金です。割り金にはパラジウム系とニッケル系があります。
イエローゴールド 金に銀と銅を混ぜて色味を加えたものです。
4c 4Cとは、世界的なダイアモンドの評価基準です。
カラット ダイヤモンドの品質基準“4C”の項目のひとつで宝石の重量を表す用語となります。
カラー ダイヤモンドの品質基準“4C”の項目のひとつで、ダイヤモンドの色味の評価となります。
クラリティ ダイヤモンドの品質基準“4C”の項目のひとつで、ダイヤモンド原石の内包物の評価となります。
カット ダイヤモンドの品質基準“4C”の項目のひとつで、ダイヤのプロポーションの評価となります。
インクリュージョン ダイヤモンド内に包有される他の鉱物、割れなどのことです。
メレダイヤモンド 0.05ct.から0.20ct.までの研磨された小粒ダイアモンドのことを言います。
ルース リングにセットされていない、ダイヤモンドの原石のことを言います。
ラウンドブリリアントカット ダイヤモンドが本来持っている輝きが、最も引き出されると言われるカット技法のことです。
鑑定書 宝石鑑定士が等級づけした証明書です。当店では世界基準となるGIA機関でダイヤを鑑定した商品をご用意しております。
ハートアンドキューピット 特殊なカットにより、顕微鏡でダイヤモンドを見た際に、上から8つの矢、下から8つのハートが現れるものを言います。
トリプルエクセレント カット評価価基準となるプロポーション、ポリッシュ、シンメトリー で最高評価のExcellentと判定されたダイヤモンドのことを言います。

SHOP INFO

RESERVE

PAGETOP