金属アレルギーの方でも選べる結婚指輪│素材選びがポイント!

金属アレルギーに悩む方は、年々増加傾向にあります。「アクセサリーでかぶれてしまった」「ある日突然金属アレルギーになった」そんな方は、一生ものの結婚指輪を選ぶ際特に不安になりますよね。
これも、金属アレルギーと結婚指輪の正しい知識を得れば結婚指輪も楽しく選ぶことができます!
今回は、金属アレルギーでも選べる結婚指輪を紹介します。

そもそも金属アレルギーとは


金属が原因で起こるアレルギーのことで、かゆみや発疹、赤みなどのかぶれの症状が出ることがあります。 金属は色みの調整や強度を安定させるために、ニッケルやパラジウムなど、数種類の金属を混ぜて使用することが多く、 それらの金属がアレルギーの原因となることが多いのです。
厄介な事に一度アレルギー反応が出てしまうと完全に治すことは難しいとされています。

何故金属アレルギーは起こるの?

金属が汗などによってごく微量に溶け出されることによって金属イオンが作り出されます。
汗などによって溶け出し体内に入り込んだ金属を、体が「異物」として認識し、過剰反応することで、「かぶれ」「炎症」などアレルギーの症状が起きるのです。一度炎症が治まっても、同じ金属が再び触れると、前回の侵入時に用意された抗体がイオン化した金属(アレルゲン)と激しく反応し、そのたびに炎症を繰り返します。

 今まで何もなかったのに、ある日突然発症することも…

「抗体の過剰反応」はその人の体質次第で、アレルギー反応が出るかどうか、どのタイミングで表れるかには個人差があります。これは、人によってアレルゲン(金属)に対する許容量が違うためとされています。
すぐに反応が出なかった方でも、同じ金属を着け続けることにより、アレルゲンが体内に蓄積され、その人の許容範囲を超えてしまうことで、金属アレルギーを発症する体質になってしまうことがあります。それゆえに『ある日突然アレルギー症状がでるようになった』というケースが起こりうるのです。

金属によるアレルギーの違い

金属にはアレルギーを起こしやすい金属と起こしにくい金属があります。

<アレルギーを起こしやすい金属>

ニッケル、コバルト、パラジウム、クロム、銅、鉄など。

<アレルギーを起こしにくい金属>

チタン、ステンレス、金、銀、プラチナなど

よく「シルバーはアレルギーが出やすい」と思われていらっしゃる方も多いですが、実は、純銀製の食器があるように口に入れられるほど、アレルギーが出にくいと言われています。しかし、加工や装飾を行いやすくするために純銀のままではなく、ある程度他の金属を混ぜ入れて硬度を強化しています。
そのためシルバーに反応される方の多くは、混ぜ物に含まれるニッケルなどに反応してるという方が多いようです。

心配な方はパッチテストを

どの金属によるアレルギーか調べる方法として、皮膚科などで調べられるパッチテストがおすすめです。
皮膚科のクリニックや皮膚科のある病院など、実施している施設は多数あります。
そして、どの金属に対してのアレルギーなのか、原因をはっきりとさせましょう。

金属アレルギーの方でも安心!な結婚指輪5

チタン

チタンは主な金属の中で、「最も金属アレルギーを起こしにくい」と言われています。
「軽い」「強い」「錆びない」特徴をもっているチタンは医療用でも使用されることが多く安心して使用できます。
また、カラーバリエーションが豊富な点も特徴の一つでグラデーションリングなど、豊富なカラーバリエーションを生かした指輪もあります。

ジルコニウム

もともとジルコニウムは光沢のある銀色をした金属ですが、ジルコニウムの結婚指輪と言えば、なんといってもそのカラフルな色が魅力です。また、ジルコニウムの発色は塗装や着色ではなく、特殊な技術で化学反応をさせて造るため色がとれてなくなるということはありません。こちらも医療用などにも使用されている素材で、酸やアルカリに対して強く、さびにくいので、普段使いに向いているとも言えます。

ステンレス

プラチナと遜色ない輝きを放つのにもかかわらず、安価で手に入れることができるということで、最近注目を集めています。さびに強く、輝きが持続するという特徴があります。また、ステンレスの一つであるサージカルステンレスはり医療でも重宝されています。ただし、クロムやニッケルを含む場合があるので注意が必要です。

タンタル

タンタルは光の反射率が全金属の中で最も低く、重厚感ある青みがかったダークグレーが特徴です。レアメタルと呼ばれているタンタルは宇宙で2番目に珍しい希少金属です。また、抜群の強度を誇るタンタルは、プラチナよりも23倍丈夫な素材なので長く安心して使用できます。酸にもアルカリにも侵されない安定性があり、アレルギフリーの素材としても人気が出てきています。

プラチナ、金

婚約指輪の素材として定番のプラチナと金は、汗で金属が溶け出しにくいため、金属アレルギーを起こしにくい素材といわれています。ただし、硬さを強化するためにパラジウムなどが混ぜられていることがあります。その場合は金属アレルギーを発症してしまう可能性があるので、購入を検討する際には配合金属と配合率しっかり聞いておくことが大切です。

いかがでしたか。二人で選ぶ結婚指輪、長く着けるためにもしっかり自分のアレルギーを理解して、その素材を避ける事が凄く重要です。
金属アレルギーが原因で結婚指輪を諦めてしまう前に、一生共に過ごす結婚指輪、不安を解消して納得できるものを選びましょう。

■取扱店舗
東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座 4F
営業時間 11:00 ~ 20:00【時短営業中】
千葉県柏市豊町2-5-25 イオンモール柏3F
営業時間 10:00-20:00【時短営業中】
福岡県直方市湯野原2-1-1 イオンモール直方2F
営業時間 10:00-21:00
GIA DIAMOND ダイヤモンド
SERVICE サービス
QUALITY 指輪への拘り
BRAND ブランド

SHOP INFO

RESERVE

PAGETOP