MENU

ニュース|結婚指輪/婚約指輪のVENUS TEARS

ダイヤモンドの4Cとは??COLUMN

[P470-05-3]249800

皆様はダイヤモンドの4Cはご存知でしょうか?

「4C」とは、カラー、クラリティ、カット、カラットの頭文字をとった、ダイヤモンドの品質評価を表すもので、ダイヤを選ぶ際に必ず知っておかなければいけない大切なダイヤモンドの指標です。しっかり理解して店舗に足を運びましょう。

 

【カラー(色)】

D~Zまでの23段階にわかれています。

・D~Fが無色

・G~Jがほぼ無色

・K~Mがごくわずかな黄色味

・N~Rがかすかな黄色味

・S~Zが黄色味あり

カラーは無色に近いほど価値が高くなります。

 

【クラリティ】

天然のダイヤモンドは、地球の深部で炭素が高温と高圧にさらされることによって生まれます。

この過程で内包物や表面の傷などの特徴が発生します。

クラリティは内包物の有無や大きさなどをあらわすもので、大きく分けて6段階に分類されています。

全て熟練の鑑定士がダイヤを10倍の拡大鏡で観察した際の判定内容です。

・FL(フローレス)

内包物や傷なし。

※稀少なダイヤモンドであまり一般市場では見られません。

・IF(インターナリーフローレス)

内包物なし。表面に深さのない非常に微小な傷あり。

・VVS1、VVS2(ベリーベリースライトリーインクルーデッド)

発見が困難な非常に微小な内包物や傷あり。

・VS1、VS2(ベリースライトリーインクルーデッド)

かろうじて発見可能な微小な内包物や傷あり。

・SI1、SI2(スライトリーインクルーデッド)

発見可能な内包物や傷あり。

・I1、I2、I3(インクルーデッド)

容易に内包物や傷を発見可能で、透明度や輝きに影響を与える可能性あり。

 

【カット】

ダイヤモンドの最終的な美しさと価値を決定する重要な要素で、5段階に分かれています。

・EXCELLENT(エクセレント)

・VERY GOOD(ベリーグッド)

・GOOD(グッド)

・FAIR(フェアー)

・POOR(プアー)

カットグレードがエクセレント、そしてポリッシュ(磨き)、シンメトリー(対称性)の評価もエクセレントのダイヤがトリプルエクセレントと呼ばれ、エクセレントの中でも最上級のカットが施されたダイヤです。

 

【カラット(重量)】

カラットと聞くと大きさと思われる方も多いかと思いますが、実はダイヤの重さをカラットと言います。1カラットが0.2グラムとなり、ダイヤの重さでカラット数が決まります。

 

上記が4Cの説明となります。どうでしょうか、理解出来ましたでしょうか。もし不明な点があれば店舗にてスタッフが丁寧に対応させて頂きます。

 

日本発、世界を先取るブライダルジュエリーブランドVENUSTEARSは婚約指輪、結婚指輪の豊富なラインナップをご用意してお待ちしております。ご来店予約は「予約ページ」よりご登録頂き、対応店舗(千葉県イオンモール柏店、福岡県イオンモール直方店、東京都キラリト銀座店)をご指定の上、お気軽にお申し込みください。皆様のご来店を心よりお待ちしております。

SHOP INFO

RESERVE

PAGETOP