MENU

婚約指輪に定番のダイヤモンド!カラットの大きさはどう選べばいい?|コラム|結婚指輪 婚約指輪のVENUS TEARS

婚約指輪に定番のダイヤモンド!カラットの大きさはどう選べばいい?

結婚指輪や婚約指輪の購入にあたりダイヤモンドのカラットの選び方が知りたい人は多いでしょう。この記事では、カラットについての基礎知識や婚約指輪に適したカラット数、ダイヤモンド指輪の購入の仕方について説明します。

基礎知識!カラットとは

カラットとは、宝石の重さを表す単位です。1カラットは0.2グラムで、一般的にはカラット数が大きくなるほどに希少性が高まり値打ちがあるとされています。
また、カラットは大きさと混同されがちですが、大きな宝石でも重量が軽いと、カラット数も小さいままです。宝石の値段はサイズ以上に、重量が基準になっていると覚えておきたいところです。
ただし、商品化されたダイヤモンドの場合だと不純物が含まれるなどの問題がないため、サイズと重量はまず比例するといっていいでしょう。その結果、カラット数が大きいダイヤモンドほどサイズも大きくなる特徴があります。

実質上、ダイヤモンドを扱っている宝石店ではカラット数がサイズを意味する記号として用いられているケースも珍しくありません。特に、「ラウンドブリリアントカット」などの加工方法になると、まず「カラット数」は「重量とサイズを同時に表している数字」と見て間違いはないでしょう。
ラウンドブリリアントカットとは、ダイヤを全体的に削り、丸みを帯びた形に整える加工方法です。リングにつけるとマッチするデザインなので、婚約指輪や結婚指輪に使われがちです。指輪のダイヤモンドを選ぶときには、カラット数を基準にしてサイズや値段を確認しましょう。

知っておこう!4Cについて

カラット以外にも、ダイヤモンドの品質はさまざまな要素から決められています。特に、ダイヤモンドの値打ちを左右する品質基準は、Carat(カラット/重さ=大きさ)、Color(カラー/色)、Clarity(クラリティ/透明度)、Cut(カット/形やバランス)の4つで、頭文字をとって「4C」と呼ばれています。

「Carat(カラット)」はいうまでもなくダイヤモンドの重量のことです。
そして、「Color(カラー)」では「無色」に近いほど価値が上がります。ダイヤモンドは鉱物であり、往々にして黄土色が混ざりがちですが、そうなると希少性が薄れ価格も安くなりがちです。ただし、赤や緑などの色は「ファンシーカラー」とみなされ、価値が高まることもあります。

次に、「Clarity(クラリティ)」はダイヤモンドがいかに透明性を保っているかを見る基準です。傷や汚れの多いダイヤモンドは「透明度が低い」として、評価されません。
そして、「Cut(カット)」ではダイヤモンドの加工技術を審査されます。いかに芸術性が高いカットがなされていても、ダイヤモンドを削る角度が悪くて輝きが損なわれていたなら意味はありません。ダイヤモンドの品質は落ちてしまいます。美しく、滑らかなフォルムを維持しつつ、ダイヤモンドの輝きをサポートするようなカットが理想的とされています。

婚約指輪に適したカラット数とはどんなもの?

カラット数が上がれば、ダイヤモンドの値段も高くなります。そのため、婚約指輪のような大切なプレゼントでは「カラット数の大きなダイヤモンドを贈りたい」と考える人も少なくありません。事実、日本人の93.6パーセントが、婚約指輪にダイヤモンドをつけているとするアンケートがありました。
そして、特別感を演出するために、カラット数の大きいダイヤモンドを選ぶのもひとつの方法です。しかし、婚約指輪は贈られた側が日常的につける品なので、サイズが大きすぎるダイヤモンドは不便に感じてしまいます。適度な大きさのダイヤモンドを見繕って、パートナーに喜んでもらいましょう。

婚約指輪の平均的なカラット数は0.2ct~0.4ctほどです。婚約指輪をつけたまま職場に出かけたり、買い物に行ったりすることを考えると、やや控えめなサイズがしっくりとくるでしょう。
ちなみに、0.2ct~0.3ct未満を選ぶ人が34%、0.3ct~0.4ct未満を選ぶ人が29%というアンケート結果もあります。0.5ct以上の大きなサイズを婚約者に贈る人は少数派といえそうです。

ダイヤモンドの指輪の賢い購入の仕方とは

婚約指輪の購入に失敗しないためには、まず業者に予算を提示するところから始めましょう。予算に幅を持たせすぎると、指輪選びに迷ってしまいがちです。また、業者から高い指輪を優先的にすすめられる可能性もあるので、無理な出費にもつながります。あらかじめ「これくらいの値段に収めたい」と相談すれば、業者も的確な種類を紹介してくれます。ちなみに、一般的な婚約指輪の相場は、0.3ctで30万円前後です。

そして、ダイヤモンドの品質のどこを重視したいのか明確にしましょう。ダイヤモンドの「4C」すべてを満たしている指輪を選ぼうと思えば、なかなか理想の品には出会えません。そして、予算との折り合いもつかなくなります。たとえば、大きさにこだわりたいならカラットを最重視して、その他の要素を妥協します。すると、予算内で大きいダイヤを選べて、満足いく買い物ができるでしょう。

「どんなシーンで使いたいのか」で選ぶのも大きなポイントです。すでに同居が始まっていて、女性が家事を担当してくれているのなら、複雑なデザインの指輪を贈るのも逆効果です。家事の最中に埃がついたり、リングから取れたりする恐れがあるでしょう。そんなときはシンプルな婚約指輪が喜ばれます。ただし、パーティーシーンも想定しているなら目立つデザインになってもいいでしょう。

素敵な婚約指輪に巡り合うために

ダイヤモンドは婚約指輪の王道であり、だからこそデザインやカラットも豊富で目移りしがちです。探せば探すほど、「どれがいい品なのか」が分からなくなり、困ってしまう人も入るでしょう。素敵な婚約指輪に出会うにはまず自分の目で見て選ぶことが重要です。ダイヤモンドの輝きは、間近で見なければ確認しきれません。店頭に足を運んで、じっくりと観察するのがおすすめです。

そこで、セレクトショップ最先端のデザインを追い求めているVENUS TEARSでのダイヤモンド購入を検討してみてはどうでしょう。お客の要望に合ったさまざまなダイヤモンドを取りそろえており、スタッフが相談に応じながら品物を紹介してくれます。指輪選びに慣れておらず、不安がある人にこそ訪れてもらいたいショップです。

SHOP INFO

RESERVE

PAGETOP