MENU

本当に要らない?婚約指輪への女性の本音を聞いてみた。

プロポーズと言えば、婚約指輪を渡すシーンを思い浮かべる方も多いはず。しかし近年では、あらかじめ女性から「婚約指輪はいらないよ」と言われるケースも増えてきているようです。しかし、果たして本当に婚約指輪を渡さなくても良いのでしょうか。プロポーズという人生において大切なイベント、失敗のないように臨みたいですよね。お互いに後悔しないためにも、婚約指輪に対するリアルな声をご紹介していきます。

婚約指輪あなたは欲しい?いらない?

アンケート調査を行ったところ、約7割の女性は婚約指輪が欲しいという結果になりました。女性の婚約指輪への憧れもそうですが、指輪が相手の想いや結婚への決意の表れだと感じるようです。また、一生に一度のイベントなので記念として形が残るものが欲しいという女性が多いようです

ではなぜ、婚約指輪を「いらない」というのか、”いらない”派の女性たちの本音に迫りましょう。常に身につける結婚指輪に比べ、婚約指輪は付ける機会が限られやすい指輪です。婚約指輪はダイヤモンドの付いたリングが一般的なため、傷や紛失の心配から付ける機会が少なくなりがちです。それ故に本当に婚約指輪はいらないと考える方もいらっしゃるようです。一方いらないと答えた女性で最も多いのは男性への経済的な気遣いとして「いらない」と言っているケースです。以前は給料の3ヶ月分と言われてきました。最近では、20~30万円前後が婚約指輪の相場と言われています。経済的な負担が大きいのが婚約指輪。この負担をさせたくないと考える女性は、男性にいらないと伝えてしまうのです。

いらないと言ってやっぱり後悔してしまった

若いと経済的な要因もあり、つい「いらないよ」と断ってしまう女性も少なくありません。婚約指輪に憧れていても、つい彼の事を思ったら強がって「いらない」と答えてしまうものです。相手の言葉を素直に鵜呑みにしていたら、そのまま彼女を傷つけてしまう恐れもゼロではないです。こういった事を避けるためにも、しっかりと本心を探っておきたいところですね。

いらないといった後でもらえて嬉しかったという声も

要らない派の女性が必ずしも本当にいらないとは限りません。その場でいらないと答えたとしても、「それなら欲しくなったら買おう!」や「遠慮しなくていいよ?」「何か他に欲しいものはある?」といったように相手のことを気遣いながら、本心を聞きだせるような返答だと彼女も答えやすくなります。「いらない」と伝えた気持ちに嘘はないにしても、実際に贈られたら『嬉しい』と思うのも女性の本音です。本当はどうなのか判断は難しいと思いますが、指輪を贈るというよりも、彼女への気持ちを届ける方法の一つとして考えてみてはいかがでしょう。

実際贈ってよかった?先輩花婿さん達の声

・『選ぶ過程も楽しかったし、彼女が喜んでくれてうれしかった』
サプライズで婚約指輪を購入した結果、女性が喜んでくれたというエピソードは少なくありません。忘れられない大切な思い出になりますし、一生使える指輪なので無駄にはならないでしょう。

・『あなたと一緒に人生を歩みますという意味を込めて』
それなりの金額を払って婚約指輪を購入することで、自身の結婚への決意が固まったり、彼女への大切な気持ちを再確認できたりすることもあるようですよ。

・『指輪を贈ったことで、彼女の両親とも距離を縮められたきがします』
大切に育てた娘が彼から婚約指輪をプレゼントされると、親はやはり嬉しく感じるもの。女性に婚約指輪を贈ることで、女性の両親にも男性の誠意が伝わったのかもしれませんね。

・『若干予算オーバーでしたが、あのとき頑張って贈ってあげてよかったです。』
婚約指輪は耐久性があり、結婚後も一生ものとして使えます。ずっと大切にしてもらえると、贈った男性も嬉しいですね。

あると役立つシチュエーション

夫婦でのデート
婚約指輪を着けることで互いに婚約当初の気持ちを思い返したり、懐かしい思い出話などで会話が弾んだりと、気持ちも盛り上がります。

ドレスアップする時に
誰かの結婚式や家族の誕生祝い、夫婦の結婚記念日など、おしゃれをして出かける場合にも華やかな婚約指輪が活躍してくれるはずです。結婚指輪と重ねづけすることでより一層豪華になり、ドレスアップも楽しめます。

子供の行事や、親族での食事会で
写真をとる事も多い子供の行事や、親族での食事会。家族の思い出を彩どるアイテムとしても最適です。真珠を身に着ける方も多いですが、婚約指輪でも上品に演出してくれること間違いないです。

子供へ引き継ぐことも?!
親から子供に遺すのに最適なもののひとつが婚約指輪です。欧米では指輪などのジュエリーを受け継がせる風習があり、家族をつなぐ絆として婚約指輪が生かされるのです。その際は受け継いだ人やその時代に合わせてデザインやサイズをリフォームすることも可能です。

実際結婚前も結婚後も、活躍する場面の多い婚約指輪。あると必ず良かったと感じるはずです。しかし、TPOを気にするという方も多くいらっしゃるでしょう。その場合着けるタイミングと避けるタイミングを意識しておけば、婚約指輪は基本的にはいつ身に着けていても構わないのです。

指輪に替わるプレゼント5選

プロポーズになにもないのは気が引けるという理由から、指輪に何か替わる物を贈るといったケースも増えてきてます。では、いったい何を贈るのがよいのでしょう。人気のプレゼントアイテムをご紹介します。

・ダイヤモンド
ダイヤモンドをプレゼントするのもトレンドになっています。贈ったダイヤモンドを使って、後日、指輪を作ることも可能です。普段からファッションへの関心度が高く、婚約指輪のデザインにもこだわりを持っているパートナーへはおすすめです。

・旅行
物に限らず、婚約指輪に使う予定だったお金を二人で過ごす時間や思い出に使うのもありでしょう。結婚後に新婚旅行を予定しているなら、それをグレードアップしてさらに豪華な新婚旅行を楽しむのも一つです。

・アクセサリー
婚約指輪の替わりとして最も人気なのがアクセサリー類です。毎日気軽に身に着けることができるアクセサリーは貰った女性も嬉しいアイテムです。また、婚約指輪を贈る場合は事前に女性の指のサイズを知っておく必要がありますが、ネックレスやピアスであれば、サイズを気にすることなく贈ることができるので選びやすいのもポイントです。

・腕時計
腕時計は流行に左右されることがあまりなく、シーン選ばない定番アイテムとして長く使用していくことができ、婚約指輪と比較しても実用的といえるでしょう。また、『一緒に時を刻んでいこう』という意味合いも込めてペアで購入を検討されるかたも多いです。

・婚姻届け
自分の気持ちをシンプルに伝えるために婚姻届を渡す人もいます。婚姻届であれば「あなたと結婚したい」という本気度が伝わるでしょう。最近ではお二人の写真をいれた婚姻届けも人気のようです。

一生に一度のプロポーズや結婚だからこそ、物である婚約指輪や時計、結婚指輪に、思い出の瞬間を閉じ込めて、大切に持っておくのも素敵な選択ではないでしょうか

経済的理由で婚約指輪を贈らないのなら

以前は給料の3ヶ月分と言われてきました。最近では、20~30万円前後が婚約指輪の相場と言われています。しかし、大事なのは金額ではなく、相手の女性への気持ちです。特に婚約指輪をいらないと伝えてくる女性には、気持ちを伝えることのほうが大事です。付ける機会がないから、他のものを買って欲しいという女性でも婚約指輪をプレゼントされたら嬉しいもの。最近では、10万円のご予算から婚約指輪をお選び頂けるお店も増えてきております。無理のないご予算でしっかりと婚約指輪を選ぶことが大切です。きっと女性は贈られた婚約指輪を目にする度に、男性からの愛情を感じ、贈った男性は指輪をつけて幸せそうに眺めている女性の顔を見て、喜びを覚えるはずです。

贈るということの価値

近年、実際に少しづつ婚約指輪を贈る方は減少しつつあります。このように婚約指輪を贈らない方が増えるとこが故に、SNSが普及しているこの現代社会だからこそ贈ることの価値が上がっているのをご存じですか。様々な理由で婚約指輪をもらわない女性も多い一方で、贈られた女性が婚約指輪を着けているのを見ると、他の女性はそれを見て羨ましく思い、褒めてもくれます。贈った男性の株も上がります。婚約指輪を贈られた女性もそういう周囲の反応にさらに喜んでくれる。実はそういったことが密かに起こっています。

彼女の『いらない』の本音に応えてあげよう

ぜひ、彼女の本音に寄り添って素敵なプロポーズを計画しましょう。今の女性の気持ちがどうあれ、男性としては贈るという選択が無難だということ。一生に一度のプロポーズ、指輪はいらないと言っている女性ほどサプライズには喜びの笑顔が見れるでしょう。

■取扱店舗
東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座 4F
営業時間 11:00 ~ 21:00
千葉県柏市豊町2-5-25 イオンモール柏3F
営業時間 11:00-19:00 (暫くは時短営業になります)
福岡県直方市湯野原2-1-1 イオンモール直方2F
営業時間 10:00-21:00

SHOP INFO

RESERVE

PAGETOP