MENU

意外に奥深い婚約指輪をどの指につけるか!あなたはどうする?

キラキラと華やかな輝きを放つ、婚約指輪。そんな婚約指輪ですがどの指につけるのかご存じでしょうか。婚約指輪も薬指でいいのかな?結婚指輪とどう違うのか?と疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は婚約指輪の正式な身に着け方やそのルーツ、指ごとに変わる意味など、婚約指輪にまつわるエピソードをご紹介します。

婚約指輪の由来

婚約指輪とは、「婚約の証」として男性から女性へ贈る指輪で、男性の愛情や結婚への決意を形にしたものです。婚約指輪の起源は、古代ローマや古代エジプトにまでさかのぼると言われています。古代ローマでは、約束を果たす誓いの印としてお互いに鉄の輪をはめる習慣がありました。2世紀頃になると金の指輪になり、恋人同士の愛の証として使われるようになったといいます。また、古代エジプトの象形文字で「結婚」は円で描かれ、永遠に途切れぬものを意味しています。婚約指輪には、古くから「約束」や「契約」、そして「永遠の愛」という意味を込め、これを交換することで愛を永遠のものにしようと考えたようです。

結婚指輪の由来

一方、結婚指輪は「結婚の証」として結婚を誓った夫婦が日常的に身につける指輪のことです。結婚式で結婚指輪の交換をするという儀式が定着したのは、11世紀ごろだといわれています。円い形をした指輪は「永遠に途切れることのない愛情」を意味するとされ、夫婦の絆を深め、愛が永遠に続くようにとの願いを込めて結婚指輪の交換をするようになったのだそうです。 また、結婚指輪は大切な人を災いから守り、幸せを呼び寄せる意味が込められているという説もあるそうです。

左手の薬指にはめる理由は?

婚約指輪といえば左の薬指ですが、これにも古くからの意味があるのです。婚約指輪が生まれたとされるのは古代エジプトや古代ギリシアの時代、その当時は左手の薬指と心臓が太い血管で繋がっていると信じられていました。心臓、つまり心と通じ合っているとされる左手の薬指を、指輪で繋ぎとめ永遠の愛しあうことで「相手の心を強くつかむ」と信じられていました。今でも永遠の愛を誓う時は、左手の薬指に結婚指輪をはめるようになったのです。

日本では一般的に結婚指輪は”左手薬指”ですが、世界の国々では、左手の薬指以外に結婚指輪を着けている地域もあります。北欧やドイツ・オーストリアなどではキリスト教の関係上右の薬指に婚約指輪をつけることもあり、インドや東南アジアでは、なんと足の指につける地域もあるそうです。このように、すべての国で結婚指輪は左手の薬指、と決まっているわけではございません。日本においても実は厳密な決まりはなく、決められた指にはめる必要はないのです。自分にあった着け方で、互いの愛を深めていきましょう。

それぞれの指に込められてる意味とは?

古くからそれぞれの指には意味が込められているとされていました。右手は主に行動力を司ると言われ、左手は主に精神面を司ると言われています。ここでは指それぞれの意味合いを紹介します。

右手

・親指‐『権力や信念を持続させたい』、『リーダーシップを上手にとりたい』
・人差し指‐『夢を実現する』、『集中力や行動力を高めたい』
・中指‐『邪悪なものから身を守る』、『協調性、判断力を高める』
・薬指‐『精神を安定させる』、『創造力や直感力を高める』
・小指‐『困難を乗り越える』、『自分の魅力を発揮する』

左手

・親指‐『自分の信念や愛を貫く』、『夢をかなえる』
・人差し指‐『積極性を高める』、『精神を安定させる』
・中指‐『協調性を高める』、『直感を高める』
・薬指‐『愛や絆を深める』、『願いを叶える』
・小指‐『チャンスをつかむ』、『恋を引き寄せる』

結婚式で婚約指輪は着けていいもの?

結婚式では互いに結婚指輪の交換を行いますが、その際は婚約指輪を着用していてもよいのでしょうか。気になる結婚式の際に婚約指輪を着けてよいか、婚約指輪を着ける場合の注意点などをご紹介します

結婚式は着ける?マナー的にどうなのか?

結婚式で婚約指輪を着けるかどうかはその人次第で、特にマナーや決まりはありません。「結婚指輪の邪魔になってしまう」「指輪交換の際にどうすればよいかわからない」という理由で着用しない方もいらっしゃいます。最近ではエンゲージカバーセレモニーという結婚式で行われる、婚約指輪を活かして結婚式を盛り上げられる素敵な演出もあります。結婚指輪の交換を終えた後、改めて結婚指輪の上に重ね付けするのですが、これは結婚指輪の外側から婚約指輪を着けることにより、「永遠の愛の証」として封じられるからです。

結婚式で婚約指輪を着ける際の注意点

結婚式で婚約指輪を着ける場合、最初は右手の薬指に着けておき、指輪交換後に結婚指輪と重ね着けするのが一般的です。そのため、式の初めから左手薬指に着ける場合は、グローブを外す際に指輪も一緒に外せるようにするなどの工夫が必要になります。ただし、婚約指輪のデザインによってはグローブを着脱する際に引っかかったりする事があるので、本番で手間取らないようあらかじめリハーサルを行い、指輪が外しやすいかどうかを確認すると安心です。せっかの婚約指輪、結婚式でも「主役級」として扱うことで、より心に残りそうですね

婚約指輪っていつ着ける?

せっかく彼にもらった婚約指輪。なかなかつける機会がないと、しまいこんでいませんか?あなたの指に輝いてこその婚約指輪。今後使えそうなシチュエーションをご紹介します。

イベントに

華やかな婚約指輪は、ちょっとしたイベントの場で特別感を添えてくれます。指先にダイヤモンドが輝いているだけで、ワンランク上の装いにしてくれます。

パーティーに

やはりパーティーで身に着けるのは定番となりつつあります。友人・知人の結婚式につけていくのもマナー的に問題ないので、積極的に婚約指輪を身につけてみるのもいいでしょう。それ以外でもドレスを着るパーティーなどのシーンにもマッチします。いつもよりもカチッとした服装をする日は、ぜひおすすめです。

子供のイベントに

入園式や卒業式、ピアノの発表会など、ここぞという時に身につけていくと気分も高まります。煌びやかな婚約指輪をサッと身につけるだけで身だしなみが整って見栄えがよくなることもあります。

記念日に

日頃婚約指輪を身につけていない方こそ、ぜひ夫婦の記念日に身につけることをおすすめします。初心に返ることができてお互いに心がほっこりするはず。2人で過ごしてきた時間を思い出すためにもぜひ活用してみてください。

日常的に

普段からアクセサリーを身につけない人からすると、「気が引けてしまって着けられない」、「落として無くすのがこわい」などと着けることを躊躇してしまう人も多いはずです。でも、婚約指輪は彼が贈ってくれた高価で、大切な指輪です。恥ずかしいと思う方もいるかもしれませんが、ぜひ婚約の機会に身につけてみるのはいかがでしょうか。華やかな宝石を大胆に纏うことで品の良さが演出できます。大切な指輪だからこそ『婚約指輪のあるおしゃれ』を楽しんでみませんか。特にファッション性の高い婚約指輪であればカジュアルな服装にもなじみやすいので、普段使いしたい方はデザイン性が高い婚約指輪や個性的な婚約指輪を選ぶのもひとつの手です。大切に身に着けていれば、頑張ってプレゼントしてくれた彼もきっと喜んでくれるはずです。

いかがでしょうか。今回は婚約指輪の由来やどのようなシーンで着けるのが相応しいかご紹介しました。まとめると、絶対的に薬指という決まりはないですが、薬指に着けるのは見た目のバランスもよく、キレイに映えるので、よほどの事がない限り、プロポーズの際は彼女の左手薬指にはめてあげるのがベストです。様々な組み合わせが楽しめる婚約指輪。単体でも良し、結婚指輪と組み合わせても良し、ファッションをワンランクアップさせるアイテムとして楽しんでみてはいかがでしょうか。

■取扱店舗
東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座 4F
営業時間 11:00 ~ 21:00
千葉県柏市豊町2-5-25 イオンモール柏3F
営業時間 11:00-19:00 (暫くは時短営業になります)
福岡県直方市湯野原2-1-1 イオンモール直方2F
営業時間 10:00-21:00

SHOP INFO

RESERVE

PAGETOP