MENU

Something Blue|婚約指輪のVENUS TEARS

Something BlueBRAND

somethingblue

Something Blue

幸せを約束する「青」のおまじない。“Something old, something new, something borrowed, something blue, and a sixpence in her shoe.”―「何か古いもの、新しいもの、借りたもの、青いもの、そして靴の中に6ペンス銀貨を」という、イギリスの童謡集「マザー・グース」に出てくる詩に由来しています。この“something”にあたる4つのアイテムが「サムシングフォー」といい、これらを結婚式の日に身に着けると、その花嫁は幸せになれるといわれています。このおまじないは、ヨーロッパでは200年以上前から取り入れられていて、それぞれに素敵な意味が込められています。

 

◇Something old : 何か古いもの
サムシングフォーの中で古いものは、先祖から受け継がれてきた家族の絆、伝統などの象徴。結婚式では祖母や母から譲り受けたものを身に着けるのが一般的です。
◇Something new : 何か新しいもの
サムシングフォーの中で新しいものは、未来への希望を象徴するもの。「新生活が希望に満ちて幸せなものになりますように」との願いを込めて、結婚式に向けて新品のものを用意します。
◇Something borrowed : 何か借りたもの
サムシングフォーの中で、サムシングボローは幸せな結婚生活を送っている人の幸運にあやかるという意味があります。結婚式では、既に結婚して幸せになった友人などから何かを借ります。
◇Something blue : 何か青いもの
サムシングフォーの中のサムシングブルーは、幸せを呼ぶ色とされる「青」をさします。花嫁の純潔や清らかさを表す色でもあるので、結婚式では人目につかないようにサムシングブルーを身に着けるのが良いとされています。

 

その「Something blue」になぞらえて、指輪の内側には青く澄んだサファイアをセッティングしています。永遠の幸せを、お二人に届けたい。そんな想いを込めた指輪です。

VENUS TEARSが選ばれる3つの理由

  • 海外のショップでも高い評価を受ける、 確かな商品力と驚きの低価格

  • 安心のアフターサービスと確かな顧客満足

  • 海外の一流ブランドが利用する、世界で最も権威ある 鑑定機関「GIA」の鑑定書付ダイヤモンドを多数ご用意

SHOP INFO

RESERVE

PAGETOP